2003年11月の日記

誰かを想うあなた在る時。花は咲く。
この前ですね、言われたんですよ。
 
 はい。

「はたさん、なんであんなに日記(月記)は、始まりテンション高いんですか?」

って。

おーー、君。いいところに気がついたね、(えらそうに 笑)
と言いたいところですが。

ちちっち。

あま〜いですねぇ。

(そこで腰に手を当てて指を左右に振る。)

だって、考えて見てみなさい?
ローテンションから始まってみたらどうなりますか。

「えー、今日もね、雨でね、さんざんですよ。天気もブルー、気分もぶるー。ついでにハートもぶるー。
 じゃ。そうですね....。てるてる坊主でもつくりましょかね。皆で。そうしたらね、手に釘とかなづちをもって....」


ほらほらほーーあら!

こんなにも気分が滅入ってしまうでしょ?ついでに見てくれている人達もまたぶるー症候群に陥りますからね。
だからハタサンナリに気をつけているわけですよ。はい。
 あ、かといって、別に創っているわけでもない。あれもまた、はたさんの巣、じゃない、”素”、だったりするんですよね。
 あ、今、気がついたんですけれどね。前の「素、だったりする」を、やっぱり、巣に変えるとですね、「巣立ったりする」になるんですね。
 
 うへへへ。

 あ。どうでもいい?笑
 
おっかしーなぁ。ハタサンはそれを思いついた時、一人怪しい笑みを浮かべていたんですけれどね。
ダメですか?あ、そうですか。

 ...なんか今日、始まり暗いよね。(-_-)

 というわけで、そうなんですよ。はい。あれもまた僕の素なんですよ。いやね、なにせ。月記を書くのが楽しみで楽しみで。何を書いたら良いのかこんなにもまよってしまうぐらい、嬉しくて。気付いたらスズメさんたちが「ちゅんちゅん」と声を上げて鳴く時間になっているんですよ。僕も思わず、一緒にないてしまいたくなります。笑
 
 というものの。この前、とあるおばさまが路上に来てくださってね、
 
 「いつもhp、楽しく見させてもらっていますよ。笑」

 なんていわれちった日にゃぁ、もう。

 あはは♪
 笑うしかできません。笑

だって、あのhp、でしょう?
この頭の悪そうな日記を書いている作者が目の前にいるでしょう?
逃げられませんからね。(/▽\)笑
でも、こんな僕でも、そうやって面白いといってくれる人達がいてくれることが、僕の唯一の救いです。気をつけてくださいね。調子にのっちゃいますよ?笑
 あ、ちなみに、このおばさまがいってくださったことは、bbsがまた面白いということでした。日々いつも小ネタを腕によりをかけて、ふるって僕を調理してくれている皆々様方。大変にありがたく思っています♪だって、こんなにも、このbbsをみて、「面白い」っていってくださる人がいるんですよ?皆、誇りに想ってください。大丈夫、大丈夫。覚えてろよ( ̄□ ̄‡)、なんて人聞きの悪い独り言なんてつぶやいてませんからね。ね?

  ふふふ。

 .....なんか今日。だーくだよね。(-_-) 笑


 
 はふ。だーー!!やっぱーーり、難しい!!
ちょっと、テンション抑えてたまにはりりしく(?)日記をスタートさせてみようとおもったんですけれど、だめですっ!監督!!
僕には無理です!!むりむりむりむーーりっ!ばかにされても、遠巻きに怪しい横目で指差されながらみられても、話すたびに目線をそらされても、全くもっても良いですから、どーーか、いつものハタサンでいさせてくださいっ!!監督っ!!

 というわけで!やってきました!!!見られにきました!!見ているだけで、「世の中、こんな人でさえいきていられるのなら、きっと僕も生きていけるっ!」というどうしようもなく意味のわからない元気なんていう生まれてこなくてもいいものまで勝手に生まれてしまう、ハタサンだいあり〜〜〜!!!これであなたもハタサンだいありーのトルコですよ♪

やっぽーー!やっほ〜〜〜!!いや〜〜っほっほ〜〜っい!!
元気にしてますか!!生きていますか!!リゲイン飲んでますかっ!!
良い子、悪い子、どっちでもない子の皆!!あこがれのヒーロー、かばいようもないコネタとともに、ハタサンだいありーの始まりですよっ!!

 いやーー、ついに始まっちゃいましたね、この月記が。ついにやっちゃいましたね、この読んで後悔するという月記が。もうすでに後悔しても遅いですよ?すずめも鳴いとりますよ!!(?) 笑

....だって。

お前はもうすでに読んでいる。byたけるろー。

 だっはは♪

 ....なんかいつも以上に壊れ具合、高くない?笑

 まぁ、それだけ押さえつけられていた、ということで(*´▽`*)


 そういうことで、早速始めちゃいましょう。ハタサンだいありー。一体、このくだらない前置きに何の意味があったというのでしょうか。笑

 さて、じゃ、まず。

 ....監督って誰だよ。

 誰でしょうね。笑 え?なんでそんなことを振ったかって?決まっているでしょう。きっと、気にする人がいると想ったので。でも、気にしてくれても何の解決にもならなかったですねぇ。笑 残念っっ!てへっ!(/▽\)
 ちなみに。トルコとかいっているの。あれも間違いなんかではないですよ。「あーあ、またやっちゃったよ。」と、いえるあなたは終わっていますね。ハタサンを知りすぎています。あきらめてください。笑

 まぁ、今月は色々と忙しい日々でした。はい。トークショーに来てくれた皆さん、おそらく、この日記も見てくれていることでしょう。皆さん、どうもありがとうございました!この場を借りて心よりお礼申し上げます^^ 終わったあと、皆のね、感想を読ませてもらったんですよ。本当に、僕も感激して思わず涙がこぼれてしまいました(;”;)笑 こんなにもたくさんのことを感じてくれたということがなによりもうれしかったです。はーとが伝わったんですね(;”;)笑
 ね、このままでしょう?僕はたぶん、このまんまの人だったと思います 笑 でもね、一つだけ。始め出てきたときにね、顔が赤かったのは、緊張していたからではないですよ?結婚式後のほろ酔い気分だったからですよ?笑 緊張しろっていう方がはたさんには、どーーやってもどうあがいても、むりっ(断言)!だってそんなことよりも、みんなの笑顔をみれることが何よりも大好きなんですもの(*´▽`*) 笑 でも、色々なことを感じ、それを生かしてくれようと、あれから路上にてもたくさんの人が来てくれて、メールや感想文の手紙まで書いてくれたりして...。心が伝わってくれて、本当によかったです。皆、熱いなぁ(*´▽`*) 笑 ホントにありがとう。またこれからも、色々な形でみんなが笑顔になってくれること。大切にしていきます^^ みなさんもあそこでのことをこれからの人生に生かしていってあげてくださいね。ハタサンのこれからもまた楽しみにしていてください♪


 はてさて。
 
 来月はもう12月。気付いたらなんかハチ公前にはどでかいツリーなんぞが立っています。あれじゃ、ハチ公がかわいそうと想ったりとかして 笑。なしてあんなところにあんな大きいものを立てる必要があったのかなぁ。ん〜〜、どうせだったら、ハチ公をクリスマスばーじょんにしてあげたほうがいいんじゃないのか?笑 なーーんて想っているうちに、もう、残すところ、あと今年も一ヶ月なんですね。早いもんで。毎年、毎年、日記に書いてることですけれどね。だって、ほんとに早いんですもの。みなさんはどうですか?この一年は、なにか変わったことがありましたか?
 ハタサンは〜〜〜。ん〜〜〜、どうなんだろうなぁ。変わったといえば、変わったし、変わっていないといえば、変わってもいない 笑。皆もきっと同じ感じだとおもいますけれどね、はたさんの今年の一番大きかったことは(もう締めにはいっている 笑)そうだなぁ。やっぱり引越しかなぁ。引越しによって、今までの環境がガラリとかわったからね。今までは、近くに鴨やら小川やら桜やらたくさんの自然があふれていたのですが、今は。近くに緑がない。(;”;) でも、それというかわりだけれど、部屋に緑がたくさん増えました。というか、増やしました。いやいやいや、そこらへんから木とか引っこ抜いてないですよ?笑(引っこ抜けませんから^^;) ちゃんとお花屋さんにいって、購入してきましたよ(´▽`) どうもハタサンは変なところで長野っ子らしく、自然があふれているところがやっぱり好きみたいです。引っ越す前はね、なにか一人になりたくなるようなときは、いつも小川の川辺でたたずんでいました。え?そんなことあるの?なにをおっしゃいますか。結構、ハタサン、一人の時間もまた好きだったりするんですよ♪笑  
 元気がでるんだよねぇ。自然といると。自然ってさ、何を求めるものではなく、こちらからも求めもしないのに、そこにいてくれるだけで、なんていうんだろう。とても存在感があるんだよね。力がある。優しさや、温かさ。堂々とする力強さがあると思えば、そっと包み込むやわらかい強さもある。なんて素敵なんだろうって、いつも想う。そういうほとりにいるとね、やっぱり元気をもらうし、なによりも。そんな自分でありたいと、いつも教えてもらうんだな。
 そうそう。それでね、今度うちにきた木がドラセナ マッサンギアナという木。いわゆる、「幸福の木」。知っているよね?よくそこらで見かけると思います。でも、うちのドラちゃんはちょっと違う(ドラえもん?笑) 大きさがハタサンの背丈ほどある。約173センチ。もしかしたら、ハタサンよりも高いかも。今までこんなに大きい観葉植物は置いたことがなかったんですけれど、おいてみると。やっぱり、いいねぇ(*´▽`*) 植物を見ていると、幸せ気分になります。
 よくさ、出かけるときに。「いってきまーす」と葉っぱとかなでて、でていきそうな人っているでしょ? あれ、はたさんです。笑 で、帰ってきたら、「ただいまっ」と。笑 いやいや、かわいそうな人ではないですよっ!笑 むしろかわいい人と言ってやってください。そのくらいうちのドラちゃんには惚れ惚れしてますので(*´▽`*) ああ、今日も大きく育つのだよ〜〜。

 
 というわけで、今回はこのくらいで..... 笑 え?だめ?笑 いいじゃん。もうこんなに書いているんだしさ。ドラちゃんネタで我慢してよ。あはは♪笑 
 えーー....、ま、しょうがない。そうもいかなそうなので(いじめ 笑)、じゃあ、今回は。今月出会ってくださった、ある方についてお話しましょう。

 



 つい、一週間ほど前のことです。この日はほんとにさむく、人波もだんだんまばらになってきた夜の10時ごろ。そろそろ帰ろうかなぁと想っていたのですが、目の前で僕に声をかけようか、かけないか、迷っている方がいらっしゃいました。その人はそこからなかなか離れようとしませんでした。
 「多分、なにか話したいことがあるんだろうな。」と想い、よかったら、と、声をかけてみました。その方は、恐る恐る、目の前に座ってくれました。始めは。その人はあまり話そうとしてくれなかったのですが、少しずつ、自分のことを話してくれるようになりました。
 その方は、どうもパン屋さんで5年ほど働いているようなのですが、パン屋さんで働くのではなく、自分でお店を持って働きたい、ということらしいのです。ただ、パン屋さんをもつ、ということは、経営をする、ということ。それは、ただパンを創るだけではなく、毎日100円、200円のパンを売って、その店を賄っていかなければならない、ということ。
 確かに、お話を聞いていると、とても大変なことだと想いました。そして、僕は一通りお話を聞いて、その人に話をし始めた直後です。その人は、両目からこぼれるぐらい大粒の涙を流し始めたのです。

 僕は、正直。びっくりしました。 
 
 今までですね、色々な人のお話を聞いてきたとき。涙を流される方がとても多かったのですが、その涙の意味は、失恋や人間関係。そういった中で受けてしまった、または、受け止めなければいけない”痛み”が大半で、自分の生き方への想い、ということに涙を流される方はいませんでした。特に、この方は。たくさんしゃべってくださる方から比べると、どちらかというと、言葉が少なめで、とてもおとなしい感じの方でした。僕にとっては、これは予想外なことでした。僕ははじめ、その涙の意味がわからずに(ハタサンいじめてないよ。笑)、きっと嫌なことや、人間関係のこじれがあったんだろうと、その涙を見た時に、そこで話していた話をきって、聞いてみたんです。「なにか嫌なことがあったの?」って。
 そうしたら、首をよこに振るんです。そうじゃない。その時、僕は初めて気付かされました。ただ、その人は本当に、本当に。パンを創ることが好き、なんだ。ということを。パンを創り、自分の手で自分のお店をもつ、ということが、その人にとっては、半端ないくらいに。大切なこと。本当にやりたいんだ、ということを。
 不安や、葛藤。やりたくても、できない、と想っている現実。うまくいかないということへの、気持ち。想いとのギャップ。きっと、抑えていた想いがたくさんあったんでしょう。その涙を拭こうとその人はハンカチを取り出したのですが、涙がとまらない。拭いても、しばらくすると涙がでてしまうのです。
 僕は心から。その人に感銘を受けました。その人が行動できていないことをいうのではなく。こうやって、この涙を流せるくらい自分の思いをしっかりともって歩いている、この”想い”に。こんなにも、静かな人なのに、心の中で抱いている気持ちはこんなにも、強いんだ、ということに。
 僕も思わず涙目になっていました。

 その時に。僕はこの人にこんなお話をすることにしました。

 
 皆さんは、富山の薬屋、という薬屋さんを知っていますか?昔、薬屋さんは、薬を荷台に積んで、一軒一軒、お家を周っていたそうです。今となると、富山の薬屋さんはバイクで周っていますが。笑
 その昔、その富山の薬屋さんが、いつものごとく、荷台を引いていました。そのとき。とある、大きな上り坂に差し掛かったそうです。とてもではないけれど、一人で押して上りきれる坂ではない。なので、その人は、同じ道を歩いている人に、助けを請うように、顔をあわせ様としました。「みてくれよ、こんなに大きな荷物をもっているんだ。一人では登れないから、どうか手伝ってくれないか。」さすがに声に出して頼むことはできないので、わかってくれよ、と無言の訴えをしたそうです。
 でも、一人も目を止めようとすることなく、歩いていってしまったそうです。その荷台を引いていた人は、なんて冷たいんだろうと想いながらも、しばらく続けたそうですが、途中であきらめました。もう一人で押さないと日が暮れてしまう。
 そして、その人は自分で押し始めました。一歩。二歩。三歩、と。ゆっくりでも、前へ進んだそうです。
 すると...。しばらくして、荷台が急に、ふと。軽くなったらしいです。なんだ、と後ろを振り返ってみると、そこには人が。荷台を押してくれていたそうです。
 その荷台を押していた人は、感謝して、その坂を登りきったときに、その人に改めて感謝をしたそうです。そして、聞いたらしいです。「なんで助けてくださったんですか?」と。
 するとその人は、こう答えたそうです。
 「いや、あなたが一生懸命押していて、困っていたようだったので。それだけですよ。」と。

 

 人は。心ある生きものです。もしも。自分の気持ちや想いを誰かに押し付けようとしたら、それはエゴになってしまいます。そうなると、人はその気持ちを拒否したくなり、自分が望むものとは正反対の結果が生まれていきます。それは先ほども述べたように、それがその人へのただの自分の気持ちの押し付け、だからです。でも、そこにその人が頑張っている姿があるのなら、そこに手を貸してあげたい、と想う優しさをもっている。それもまた人間だと思うのです。

 もしも、何かを始めようと想うのなら。そして、何かを頑張ってやっていきたいと想うのなら。始めから、結果を求めるものではないと思います。始めから誰かに頼ろうとしないことです。そして、不安もあるかもしれませんが、不安やできない、という想いだけで、あきらめてしまうことでもないとも想うんです。まず、やってみる。ただただ、やりとおすことだけを大切にする。ただ結果を考えて歩くのではなく、その時、その時の気持ちや、想い、目の前にある心、ただそれだけを大切にする。誠心誠意、自分なりに一生懸命。
 そうやっていくなかに。もしも、そこに誰かを思う気持ちがちゃんとあるのなら、僕は。頭で判断する未来、ではなく、心がつながる、そんな未来がついてくる。そう思っています。人間、最後はやっぱり。どんなこともそこにある、人や心だと想いますから。

 この方にも、同じことを言いました。これだけ、パンを創ることが好きで、涙をこんなにも流せる想いがあるのだから。こんなにも温かくて、優しい想いがあるのだから。難しいことも多いかもしれないけれど、自分を信じてあげてほしいって。 
 確かにね。お店を持つ、ということは、一言で簡単にいってしまうようなそんなに単純なことではないと思います。でも、長い目で見たとき、お店が続くのは、決して資金があるお店とは限らない。誰かを思える心を大切にできる、そんな温かいお店です。少なくとも僕だったらそんなお店に行きたいと思ってしまいます。
 人は、一人では生きられないし、そのくらい弱い生き物です。だけれども、そこに人がいてくれるからこそ、人は今を生きていける。人と共に生き、人と共に泣くことを大切にできる、そんな人であれば。僕は必ず形になってゆくと思います。だって、人間だけだと思いませんか?こんなにも誰かの為に笑うことも、泣くことのできる、存在って。それが一番の人間の素晴らしさだと思うんです。

僕はこうやって、パンに対して、温かい涙を流せる、こんなにも温かい思いをちゃんと持っているこの人なら。絶対にうまくいく、と。
人間はやっていることや、その伝え方はたとえ一人一人違っていても、最後につながるところや、人が求めることは、きっと。どんなことも一緒ですから^^

そう思いました。


 これは今回、人生や夢のことについて言いましたが、それは他のことにも同じことが言えると思うんです。たとえば、恋愛も同じ。もしも、その人が大切、と心から想うのなら。想えるのなら。自分の気持ちを押し付けていないかのかどうか。それを考えてほしいと想うんです。「わかってくれないから」とか、「ふりむいてくれないから」と、自分の気持ちだけを考えてしまって、相手を想う気持ちをないがしろにしてしまっていることあるとおもうんです。ホントにその人が、自分にとって、大切な人であれば、自分の気持ちを伝えることも大切なのかもしれませんけれど、それ以上に。相手を想える、優しさや、包み込める温かさ。そういうものが、大切なんだと思います。だって、本当に恋愛をすることは、きっと。損得勘定ではないものなんですから。
 はじめ、あなたが誰かを想うとき、相手をこんな風に考えるはずです。「出会ってくれて、ありがとう。出会いをくれてありがとう。これからもあなたが笑っていられることを誰よりも大切にしたいから、これからもそばにいさせてほしい。」と。でも、それがあってこそ、初めて成立する形なんですよね。いつだって。

 相手がどう想ってくれているのか、を考えることではなく、あなたがどう想うのか。どう想ってあげられているのか。そうできるからこそ、初めて。相手もあなたに色々なありがとうを伝えてくれる。そうやって、人と人はつながってゆくのものだと想うんです。

 人間、感情がある限り、どうしても自分の思いを優先させてしまいたくなる、そんなエゴがでてしまうこともあると思いますが、もしも本当に大切にしたいものがあるのならば。それ以上に、大切にしたい、というあなたが誰かを想える”想い”を大切にできる、どうかそんなあなたでいてください。恋も人生も。そこに相手を思える気持ちがあるのなら。ちゃんと、その自分に「見合ったもの」が形になっていきます。だって、人は一人で生きているわけではなく、たくさんの人と一緒に今を生きているのですから。自分の思いを優先させることばかりを考えてしまって、せっかくの関係をくずさないように。相手も同じ心をもった人間。だからこそ、誰かを思えるあなたと、誰かがそこにいてくれる限り、きっと。どんなこともちゃんとうまくいくことと思います^^。 


  
 さぁてと、では、今回はこんなところで。いつもいつも長くなってしまってすーみませんね。あまり長くない方がいいという要望がおおかったら、もっと短く書くこともできるのですが、気付くとこのくらいになってしまっていますよね。いつも 笑 でもね、月記を楽しみにしてくれている人が何気に多いんだな、と、皆の意見を聞いていると思うことが多いので、僕も心より嬉しく思います^^ 僕が月記を書いているのは、見てくれている人が少しでも、何かを心に残してくれたり、笑顔になってくれたりしてくれたら、と。それだけですから(*´▽`*)  またこれからもどうぞよろしくお願いしますね。


 あ、それと。この前、インフォに載せた内容にちょっと、語弊がありましたので、訂正しておきます。12/15日辺りから、ファミリーマートの各店頭にデザイン7番の年賀が購入できるような形でおかれるのですが、こちらは、3枚入りの年賀状なのですが、3枚とも全てが僕の年賀状になります。すみませんでした。というよりも、僕自身が良く分かっていませんでした^^; 笑 みなさん、このはたたけるさるを使ってあげてくださいね♪僕はこの猿を創ったとき、一人でこの猿に一目ぼれして「かわぽぇぇー(*/▽\) 」言ってました 笑 あ、ただ、こちらの店頭に置かれるデザインは、「あけましておめでとうございます^^。」としかかかれておりません。ご了承を。もしも、中の言葉を気に入って下さいましたら、そちらは残念ながら年賀状印刷でしか頼めないので(-"-)+。皆さんどうぞよろしくね〜〜♪
 

 あああーー、早くもからすが鳴いています。すずめがないております。相変わらず、予想を裏切ることもなく朝ですねぇ(-_-;) 笑。今日はまた晴れますかねぇ。僕はまた今日も眠り目。これから早速床の中。皆さん、いい夢みれますように。では、皆さん。よい年末になるように、来月も頑張りましょうね(*´▽`*)  みなさん、いつも本当にどうもありがとう☆またこれからのハタタケルを楽しみにしていてくださいね♪皆のえがおがもっと増えるように歩いていきます(*´▽`*)今までと同じように。今まで以上に。 てへへ♪ 

それでは、また。

はふはふ。
おやふみなはい(-"-)zzz




人間一人で生きていけないことが弱さだと思ってた。

でも、それは違った。
人は、人とともにいきるからこそ。

こんなにも、
強くも優しくもなってゆけるんだとわかったから。


そこに誰かを思う気持ちというものがあれるということが
こんなにも
温かかいものだとわかったから。

人は。
こんなにも世界にあふれ、こんなにも。
大きくなってゆける。
そこに誰かがいてくれる限り。

人は限りなく、
強くなってゆける。

誰かがあなたを思う気持ちがあるように、
そこに誰かを思える気持ちがあなたにはちゃんと

あるのだから。
(2003.11.30)
もどる
バックナンバーリスト
HOME
build by HL-imgdiary Ver.1.25