2008年08月の日記

また新しい季節を あなたといっしょに手を取り合って。

















今日は8月の31日。


ちょっと段々に
暑さも遠のいてきているようにも
見えるけれど

まだまだ残暑が厳しい毎日が
続いているなか



皆さん、
いかがお過ごしですか。




こんにちは


ハタタケルです。


今月も もう
月記の時間がやってきましたね。




この月記も気が付けば
もう何年になることやら


月末になると
月記をかく

という習慣なのか


毎月、月末になると

一ヶ月の終わりを

感じます。




最近、月日が過ぎるのが
早いと

よく言っていたと想うのですが、



この8月も

やっぱり早かった。笑


これは

振り返ることによって

そのような現象に陥るのか
どうか
わからないけれど

あっという間に

月日は流れてゆきますね。



不思議なようで
でも

それが人生のようにも
感じます。



皆さんはこの
一ヶ月、どのように過ごして
こられましたか。





さて、この8月でしたが

ハタさん、

お盆の時期に

ろうそく祭りというものに

行ってきました。


このろうそく祭り、
というもの


僕は始めて行ったのですが

その様子は
すごいものがありました。


もともと
お盆の時期はご先祖様を
迎えるという意味で

色々な風習がありますよね。

僕のおばあちゃんの
実家の方でも

お盆の時期は
煙を炊いて

「ご先祖様たちが
この煙をもとに、無事に
返って来るように
お迎えをするんだよ」

と昔、子供の頃
教えてもらったことが
ありました。

(なんだか懐かしい。)


昔から日本では
そういった
ご先祖様やつながり
といったものを

大切に迎えていた
風習がありましたね。


でも
最近は帰郷する方は
多いけれど

こういった習慣は
昔に比べて

薄れていってるようにも
思えます。


このろうそく祭りは
そういった
昔の僕の記憶をもう一度
思い出させてもらえる

そんなものでした。


皆さんも
一度は是非いってみてもらいたいなぁと
想うのですが

このろうそく祭りは

日本の聖地
高野山で行なわれているものです。


この高野山は
空海大師が最後に
入廷された場所であり

色々な戦国武将を始め
今の日本を作ってこられた
様々な方が眠っている場所でもあります。

もちろん、
お墓があるだけの場所ではなく
世界遺産としても
有名な場所でもありますよね。


そして、その一番
奥にある場所にその場所があるのです。

行ってみると
その早々たる方たちのお墓。

豊臣秀吉から
武田信玄、上杉謙信
明智光秀、織田信長
伊達正宗....

もちろん
その方たちだけではないのですが、

そういった方々が眠っている
お墓が
2キロぐらいにわたって
続いているところがあります。
(通称 奥の院という場所ですね。)

ここに
ろうそく祭りとして
山道の両脇に
ろうそくが
一番奥の場所である

奥の院まで

続いていきます。


その数はとても
膨大な量ですが、

それを
各自、参加する人たちは
ろうそくを

いくつか入り口で
もらって

山道のろうそくの
並んでいる場所に

火を灯して
歩いてゆきます。


こうやって
ろうそくをたくさん並べて
歩いてゆくということ自体

なかなか
経験はないものですが

その姿は

ものすごく幻想的なものでした。


もともと

”火”には

火の神様が宿ると
言われています。

現に、
何かの祭り事には

火を使ったり

護摩焚きや何かの法事には
やはり火を使います。

そういった火を
僕達人間は昔から

どこか自分の
昔の記憶と結びつけるものを
持っていて

火と共に
この生活を
重ねてきたことを

知ってゆくように想います。


ほら、

夜にキャンドルの火を
見つめていると

ちょっと心が和んだり
落ち着いたりしますよね。

それは
何か僕達の中に
火という存在への恩恵を

感じているのかもしれません。




もちろん、

僕達が普段
恩恵を貰っているのは

火だけでは

ないですよね。


命を繋いでくれている
水もそうですし、


食物を育んでくれている
大地もそうです。


緑がなければ
僕達は大気のなかで

呼吸することも出来ないですし、


鉱物がなければ
僕達は物をつくることも
できません。



そういった一つひとつの

存在を無くして

僕達は

この生活を支えることは

できないわけです。




僕もこういう瞬間でないと
なかなか

思い出させてもらう機会が
なかったりしますが


その火を
使って

ご先祖さまを
迎えようというのが
このろうそく祭りでもありました。


不思議なことに
このろうそく祭り

昔からこの日は
雨が降ったことがないようです。

それは

もしかしたら
色々な力に
守られているのかもしれませんね。




そして
僕達はたくさんの人の波のなか

一緒に
奥に続く山道を
ろうそくの火といっしょに
歩いてゆきます。


このろうそく祭りは
昔から有名なところなようで

全国から
たくさんの人たちが
この日にあわせてやってきます。


ここにいる人たちは
みんな
何かのつながりがあって

この場所に来ています。

一人ひとりの
想いがあり、

一人ひとりの
事情があり

みんながみんな
それぞれの

人生を歩いて

この場所で重なって

そして
またこのお祭りが終ると

それぞれの人生に
帰ってゆく。



一見すると
それが普通なことであり
人生なのでしょうが


その背景にあること

一つひとつに
目を向けてみると

とても
不思議な感じを憶えます。


これは
海外に行っても
同じ気持ちになることが
多いことなのですが


世界中、
どの場所に行っても

そこには
人がいて

そこでそれぞれの
背景を背負って

生きている人たちが
必ずいます。


それは
当たり前なこと、
といえば

それまでなのですが

僕はその度に


「世界中、どこにいっても
 人がいるんだなぁ。」



ふと思ってしまいます。


決して
不思議なことでは
ないのですが


僕は
その度に

なんだか
なんとも言葉に出来ない

そんな気持ちに

なるのです。



人は
自分の限られた世界で

生活をしていて

人間は

それ以上を広げて
みるためには


自分の足で
行ってみないと

みえないことがたくさんあります。


もちろん、
テレビや映画、

映像から

そういった世界の様を

みることは
できるのですが、

実際に
行ってみて

その場の空気を吸い
香りを嗅ぎ

肌に触れてみないと

その本当の意味での
情報というのは

ほとんど
伝わらないような気がします。


そこで
生活をしている人たちは

僕達が
普段生活をしているように

「自分達にとって」は
至極あたりまえの
生活を繰り返しているわけです。



でも
それとはまた
違う世界で生きている
僕達から見たら

それらは

当たり前ではない。


もちろん、
それは

現地で違う生活をしている

彼らからみても
また

同じ事がいえるのでしょうが、


そのギャップに
頭では

その地に人が生きていることを
常識として
わかっていても


妙な新鮮さが
そうさせるのか

普段自分がいない
ところだから
そうは思えないからなのか



不思議と
人が当たり前に
そこにいることが

不思議に思えてしまいます。


それは

まだまだ
自分がこの日本という
世界の視野の狭さから

もうちょっと
いうならば

僕が今を生きている
この
生活の習慣の中から

抜け出せていない
証拠でもあるのですが。


でも

それも当然といえば

とても当然なことなんだろう
けれどね。






ちょっと
話がそれました。


そうやって

この地に

色々な思いを重ねて

このろうそく祭りを
みんなが

昔から
迎えているのです。





僕達は

とても当たり前のように

この毎日を生きていますが


その中に

色々な力や、
奇跡、偶然や

タイミングが

働いて


何かに出逢い、


今を生きていられることに

気が付くことは

なかなか
ありません。


こうやって
当たり前のように

考えている
祖先の方々に
対してもそうですが、

その
つながりが
一人でも欠けていたら

いまの
自分達は存在していなかった。



いや

たとえ
存在していても
またそれは

違う形だったでしょう。






そして

そういった

命のバトンを繋いできた

人たちには

僕たちが想像できる範囲から

想像できないところまで

色々な
ストーリーを

持って

ここにたどり着いている。




それは
この僕達も同じですが

誰一人として

同じ人生を
歩いていないことを
知ると

それは


本当に凄いことのような気がします。








人類は

同じようなことを
何度も繰り返してきて


その度に

同じように歴史を
創ってきた

といいますが

大まかにみてしまえば

その通り。




人間だけじゃなくて

自然界の
流れや法則からは

逃れられないのかも

しれません。





でも、




その一つひとつは

みんなが

重ねた人生の数だけ

人生や物語があって


それが

この地球で

宇宙で

展開されている。





すごく壮大な
話のようですが



でも

こういった

一つひとつの現象は

それだけに

なんと
儚くて そして

すごいことなんだろうと

考えてしまうのです。








だからこそ

想うことなのですが


僕たちが普段大切に出来ることは

僕達が

その意味を知って理解していないと

その大切さや
ありがたさ、

嬉しさにはたどり着けない

ということのような気がします。



自分達が
生きていることに

誰もが
一杯で頑張って
この今を重ねていますが




時折
その目の前しか
見れていない視点から
目をそらして

観てみると

それが

自分の違った人生観を


教えてくれることになるかも

しれませんね。








僕は

そんなことを
このろうそく祭りの中で

感じて
そして、帰ってきました。



そして、



今ここにいる自分と

それを繋いでくれた
先祖の方たち

そして、

今ここで

たくさんの想いを通して
繋がってくれている

出逢ってくれた方々。




その全てに

感謝と想いを抱いて。












僕達が何気なく
今を生きていることは

色々な力が

働いています。


目に見える力もあれば

きっと
目に見えない力もある。





目には見えなくても

感じることがあるように

目に見えないことが
無いものではなく


それらもふくめて




自分が今ここにいることが

あたりまえに
普通に

いることができることで
あるとするなら

それは

とても
特別なこと、ですよね。






ときには

人生には



いいこともあれば
きっと

悪いことも

なかにはあるかもしれません。








でも




それでも
人生が続いてゆくならば


続いてゆくことが
できているのならば



僕達が

もう一度考えてゆかなければ

いけないことは


自分自身の
あり方や考え方

そして

もうちょっと

「自分」が全ての考え
ではなくて


周りのことを
ふくめて

見つめてゆける




そんな賢さと
謙虚さも

やっぱり
必要な気がします。







人は
自分が全てで

生きているように

ときとして

陥りがちになってしまうことも
ありますけれど


そんなことを

ふとしたときに

感じて

見つめることができたら

素敵ですよね。







もちろん



それは
こうやって

このようなことを
書いている

僕自身、もね。











この新しい時代を迎えた

今年の8月。





皆さんは



どんな風に

過ごしてゆきましたか。





























さてさて


それでは


今月のインフォに行きましょうか。




8月もまた
色々とありましたが


来月も色々とありますよ〜









まず9月の始めになるのですが、






皆さん、お待たせしました〜^^




いよいよ!!!


9月3日に

待望の
ハタタケルの本の

新刊が発売されま〜す(´∇`)!!




いや〜


想ってみれば


結構、久しぶりですかね。




しかも

今回は


な、なんと!!


3冊同時になりま〜す(´∇`)!!





結構、

こちら大変でした。笑


しかし、


この本は

タイトル別で分かれていまして

それぞれ

「幸せ」

「恋」

そして

「優しさ」

という

テーマに分かれている

本です。


それぞれのテーマにおいて

色々な深い作品を
作って在ります。




しかも、
今回の本は

とりあえず
僕の20代の集大成の

本としての

意味があります。


この形は

僕が一番初め

ファミリーマート限定で

出した本がありました。


当時今から
丁度、6年程前です。


この本は

ファミリーマートでしか
販売しておらず

しかも

限定本として

今では幻の本として
なっているのですが、


今回は

僕自身、

今の現状の出来ることを
こめたものを


また違った形、

違った視点を含めて


この本を

当時のスタイルを
用いて

改めて

新しく
書き下ろしました。


前回の本も

大変人気がありましたが


今回は
また違った形で

みんなに

お届けできることと想います。


しかも
この本は
通常よりも

少し小さめになりますが

実はこれは

持ち運びがしやすい

という
メリットがあります。


なので

この本は気軽に持ち運べて
そして、

大切にいつも
手元において貰える

本になることができますので


是非楽しみにしてくださいね。


3冊みんな
違った色があるので

その部分も含めて

楽しみにしてもらえたらと
想います。



しかし、
今回の本は

ファミリーマートではなく


書店さんでの
販売のみになります。


主に

紀伊国屋を中心に販売される
ようですが、


お近くの本屋さんにも

場所によっては

並べられると想います。


もしも

お近くにないという場合に関しては

そのお近くの書店さんで

注文していただければ

届きますので


それが一番便利だと想いますので

そのように
していただければと想います^^


こちらの本の情報を

下に載せておきますね(´∇`)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


・あなたの幸せが僕の宝物だよ。
 〜幸せ、感じてますか。〜

・いつまでも、あなたのそばで。
 〜恋心、もっていますか?〜

・あなたはこんなにもやさしいよ。
 〜優しさ、あたえてますか?〜

発売元 一迅社 03-5312-6132

定価 1000円+税


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



こちらの中身も
色々と凝っていますよ^^


9月3日(水曜)
全国一斉発売です〜^^v






また、

9月はまだ色々とありますね。


9月6日には

富士急でフジクエストの

イベントがありますね〜


このイベント、

コニファフォレスト
という音楽イベントで

色々な
アーティスト達が
出演します。

ユーナさんのバンド
キャンデラーズをはじめ

路上で一緒に頑張っていた
川嶋あいちゃんや

そうそうたる面々が
出演しますが

このイベントは
エコイベントして

富士山のふもとより

世界へのエコを
発信しようという
目的もあります。


そのなかで

僕もお話を頂きまして

今回、

エコバックとしての
参加をさせていただくことに

なりました^^


このエコバックは

富士山と富士急をテーマにした
バックデザインとなります。


そして、
専用フォームから

チケット参加をしていただくと

もれなくこの
エコバックが
専用で付いてきます。

また

当日参加してくれた方にも
このエコバックは

何かしらの特典で
付いてゆきますので

是非楽しみにしてお越しくださいネ〜♪


音楽イベントもそうですが、
富士急で楽しみながら

このイベントにも
参加できるという
素晴らしさもありますので

是非

この辺りも
含めて、あそびにいらしてください^^


お待ちしていますよ〜


情報はこちらです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ハタタケル オフィシャルサイト先行受付

地球温暖化防止イベント
SOUND CONIFER 229 20thANIVERSARY
『 FUJIQUEST 2008−今、私たちにできること− 』

〜フジクエスト ハタタケル
 エコバッグ付きチケット発売開始〜

ハタタケルオリジナルエコバック付全席指定: 6,000 円(税込)
※エコバックは当日会場にてチケットと一緒にお渡し致します。


■受付公演
SOUND CONIFER 229
20thANNIVERSARY FUJIQUEST 2008
-今、私たちにできること-
 
出演者:
GODIEGO/川嶋あい/エイジアエンジニア/ketchup
mania/FUNKIST/CANDELARS
 
公演日:08/09/06(土)
会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト
開場:14:00 /開演:15:00
ハタタケルオリジナルエコバック付
全席指定: 6,000 円(税込)
※エコバックは当日会場にて
チケットと一緒にお渡し致します。
 
■受付について
・お申込みはディスクガレージ
インターネットチケット販売サイト
『GET TICKET』 を
ご利用頂きます。
・初めてご利用の方は、
『GET TICKET』への会員登録(無料)が
必要です。
・その他詳しくはお申込みページにてご確認下さい。

■申込ページ 【PC・携帯共通】
 
http://www.getticket.jp/get?u=13513
 
※ディスクガレージおよび『GET TICKET』
ホームページからはお申込みできません。
 

 
携帯専用QRコード
 
必ず上記申込ページURLよりアクセスして下さい。
 
【受付に関するお問合せ先】
 
携帯でアクセスできない方は
こちらのほうに
電話でお問い合わせして
みてください。
 
ディスクガレージ
  
03-5436-9600
(平日12:00-19:00)
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



それと、また
その次週の

9月13日(土)には

初となる

長野県での

ハートトゥハートも
ありますね〜!


このハート、

もう次回で11回目になりますが、

いよいよ
東京以外では初となる

ハートとして
長野で行なわれることになりました。


内容は今までのハートは
もちろんですが、

長野県で
行なうならではの
イベントとして
みんなに届けられるように

僕達も色々なことを考えています。


その中に
僕達が今ユーナさんと
考えて行なおうとしている

ことに

みんなで

ハートが終った後
ごみ拾いを
しようと

考えています。


僕たちがお世話になっている

長野県でもありますし、


そして、

何よりも
参加者の方々といっしょに

「何か」をいっしょに
できればなぁと

考えた末、

このようなことを

二人で思いつきました。



この企画は
長野での特別なものでも在りますので

普段いつもハートを東京で
参加してくれている
みんなも

是非長野まで
あそびに来て

ハートと一緒に
ごみ拾いも

行なっちゃいましょ〜(´∇`)


それだけではなく

長野には
善光寺など

色々な結構
素敵な場所や
観光名所、
スピリチュアルスポットも
たくさんあるので


こちらと一緒に
あわせて

長野に来てもらえたら
愉しいですネ^^


こちらの
情報も載せておきます♪

今からみんなに会えることが
僕も楽しみです^^v



ーーーーーーーーーーーー

【イベント『Heart to Heart in 長野』 開催決定!】

カツキユーナと癒し人ハタタケルとの
コラボレーションで行われるスペシャルイベントが
初めて東京を飛び出しての開催となります。

アコースティック&トークで、2人からゆったりとした時間をお届けします



『Heart to Heart』

日時:
2008年9月13日(土)
OPEN 14:00
START 15:00

会場:
アイビースクエア3階
※1階が『タリーズコーヒー』のビルです。
(長野市南千歳1-3-7・長野駅から徒歩5分)

チケット料金:
\3,500-
※高校生以下¥1,000-

チケット予約:
今回は予約のみとなります。
下記方法で予約後、当日お越しいただいた際に料金をお支払い下さい。

●電話
コーチングアカデミー
tel.080-5140-8676(月〜金10時〜18時受付)
※9/13開催のハートトゥーハートの予約がしたい旨と、
『お名前』と『日中連絡の付く電話番号』をお伝えください。
※高校生以下の方はそちらもお伝えください。

留守番電話になった場合も以上の件を残していただければ受付とさせてい

ただきます。

●メール
yunatakeru@yahoo.co.jp
*件名を『ハートトゥーハート長野予約』として頂き、
本文に『お名前』と『日中連絡の付くお電話番号』を記載してお送りくだ

さい。
*高校生以下の方はそちらもお伝えください。

みなさまのご来場をお待ちしております。


詳しい情報は
こちらへどうぞ^^

【ナガブロさん( ∩_∩)】

http://hatasan.naganoblog.jp/e138046.html


ーーーーーーーーーーーー





また、

恒例のハートトゥハートが

9月23日の(火曜)
祝日に

行なわれますね〜!


こちらは
第11回目として

もう長野のハートを合わせたら
12回目となる

イベントです^^


こちらの恒例となっている
イベントは

このときにしか
できないことを毎回

行なっているものでも在りますし


新しいメッセージを
一緒に共有して

もって帰ってもらえる

そんなちょっとした
リラックス&ヒーリング

イベントでもあります^^


今度のハートは

ハートならではの
素晴らしさが
ありますので

こちらも長野のハートと合わせて

楽しみにして参加してくださいね^^


もちろん、

今回から初参加っ

という方も、是非是非
ご参加くださいネ〜^^

僕達も合わせて
皆に会えることを
たのしみにしていますよん♪



ということで

こちらも同じように
情報を載せておきますネっ(´▽`)


ーーーーーーーー

【イベント】
『Heart to Heart』第11回開催決定!

カツキユーナ と癒し人ハタタケルとの
コラボレーションで行われる
スペシャルイベントが決定しました。
アコースティック&トークで、2人から
ゆったりとした時間をお届けします。

『Heart to Heart』
日時:
2008年9月23日(火)
OPEN 11:00
START 12:00

会場:
恵比寿 天窓.switch(http://www.otonami.com/ebisu/map/ )


チケット料金:
\3,000-(D代別¥500-)

チケット予約:
恵比寿天窓.switch
tel.03-5795-1887

予約受付開始日時:
8月12日(火)16:00発売開始。
翌日以降は営業日の16:00-22:00に受付けます。
*予約のみとなります。

開催当日の10:30からエントランスでチケット引き換えを開始します。
また、同じ場所で10:30からグッズ販売、
ハートギャラリー(作品展示)を予定しています。

みなさまのご来場をお待ちしております。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




と、
今月は

本と
イベントと

様々な内容が
盛りだくさんですネ〜♪



たくさんのこのようなつながりの中で

みんなと
様々なことを

一緒に共有できるように


そして


みんなにとって

明日への希望ももちろんのこと、

ちょっとした
楽しみに変わってゆけるように


僕からの
プレゼントとして

楽しみにしてくれていたら

嬉しいです^^











もう


この8月が過ぎると

夏が終わり


いよいよ

秋にかわってゆくわけで


様々な変化も

徐々に訪れますね。




今まであんなに
暑くて

大変だった毎日も

ちょっと懐かしくなって


涼しくなってくる頃には
また新しい

心境にもなって。


うーーーん、


いいねぇ(´∇`)



秋はハタさん、

大好きなんですよ。


前から言っていますが。。笑



あの郷愁感がなんとも

たまりません。



そんななか

いい秋をむかえてゆくためにも


この毎日を

大切に
そして


楽しく過ごしてゆきたいね。




それでは!



今月の月記はここまで。



そして


いつもこの月記を

楽しみにしてくれている皆さん、

いつも

応援してくれている皆さん、


本当に

いつもありがとう^-^


この月記は

皆に

ちょっとした
報告と

新しい視点をいっしょに

分かち合える場として

載せているだけではなく


普段僕がいえないような

みんなと同じ視線からを
通して

みんなに
お礼を素直に言える場でもあります。


そんなことを
含めて

またこれからも

みんなとこの今を
重ねてゆけることを

楽しみにしていますよ^^





そんなみんなに


たくさんの


ココロと



ありがとうを



こめて。。












みんなの毎日が


いつも


たくさんの笑顔を持って


輝いていますように。































































































































































山々の緑が


朱色に染まりだすとき












この今は

また新しい季節を

迎えてゆく。








僕達が


この毎日を


何気なく重ねていても






世界は

ゆっくりと



でも




確実に


周りつづけ




僕達と同じように





変わってゆく。









毎日を

過ごしている地球も



僕達と同じように

呼吸をし



年月を
重ね




僕達の今を
守ってくれているのに






その中の


僕達は





いつの間にか


人間が

中心であるかのように






過ごしてしまっている。













この地球がなくなってしまったら



そんなことも

思えないのに。










僕達は



季節の変わり目の中



新しく


何かを思い出すときが


来ているのかもしれないね。
















新しい風の中




新しい


巡りがやってきて






僕達はまた


新しい明日を迎えてゆく。







僕達の心の中にあるのは






たくさんの光と闇を


一緒に抱いて




全てが今



何かをメッセージとして


伝えてくれている。









僕達の未来も


僕達の明日も








まず


自分の周りから

灯かりを照らすことから

始めてみよう。







遠くのことは

すぐにできなくても




もしも



自分の手元から

灯かりを照らすことが

できるとするなら






僕達の周りの人たちも



きっと

自然に笑顔になってゆける。








僕はそんなことを

まずは

今ここにいてくれる 


あなたといっしょに


重ねてゆきたいから。










あなたがいてくれる


この毎日が



たくさんの光で包まれてゆけますように。





そして、


あなたがいてくれる

この人生が



たくさんの笑顔で


結ばれてゆきますように。






僕は



そんなちょっとの願いを

こめて






この言葉を


今も送っているよ。









また新しい世界の中で





また新しい季節の風に吹かれながら






あなたと一緒に


今日も




手を取ってゆけるように。
(2008.08.31)
もどる
バックナンバーリスト
HOME
build by HL-imgdiary Ver.1.25