2009年01月の日記

あなたの笑顔の中にはいつも変わらぬ世界がある。
















そうか〜〜


新年ももう1ヶ月が過ぎて
いよいよ2月かぁ。。


時が流れるのは
早いなぁ。
 
でも、この一ヶ月、

色んな経験ができて、そして
色んな時間が過ぎたなぁ。

こうやって
振り返って考えてみると

一ヶ月という時間は
とても長いことに気が付くんだけれど、


やっぱり
ただ月日だけを見つめると

一ヶ月は、早い。
 


時間の流れの感覚って

あってないようなものなのかもしれないな

な〜〜んて
おもう毎日です。
 

皆さん、いかがお過ごしですか?


こんにちは、ハタタケルです。
 

今月もまた
恒例の月記の時間がやってまいりましたよ〜
 
ははは〜


もうきがつけば
この月記も続けて

早8年目?

僕が路上を始めた年からだから
多分あっているはず。
 
ちょうど、先日の1月28日で

7周年目を向かえて
今日にたどり着きました。
 
こうやって考えてみると、
一ヶ月という単位も
7年という単位も

それほど違わないのかも
しれない。
 
でも、考えてみると、
 
10年前の自分から
今の自分は想像がつかなけれど、

7年前の路上を始めた時からの
自分からは

今の自分は想像がついて

結局は、

10年前の僕に足りなかったものは

自分の歩むべき道と

それを自分で見つけてゆける
想像力というものが

なかったのだなぁと

感じます。

 


10年前といえば

丁度二十歳。


うーーーん。。


大学生。。笑






でも、その頃に足りなくて


今の自分にあるものを


一つあげるとしたら。。






それは



自分の人生は



「自分の想像した通りに創られてゆく」



という事実を



知っていることと


知らないことの違い

なんだろう。





そんなことを


ふと、


考えてみました。

 






じゃあ、今日は

その辺りの人間の想像力と

現実の関係性を


ネタにしてみましょうか。






今月の月記の始まり始まり〜〜
























さて、



想像力と


現実がどれほど



密接に絡みついているのか。








それを知ることは


人生には
とても大切なことだと

想います。




それは、




人生を作ることの

全ての基礎が



想像とビジョンから始まっているからです。





よく、


人は


「幸せになりたい」


「お金が欲しい。」


「健康がほしい。」


と自分の願望を持ちますが、



それがどこか


現実的には

「でも.....」

が付くことが多いように想います。

 


心の中では


そうなれたらいいなぁ


という想いがあったとしても、


それが

現実的に
なかなか”結びつかない”


ということを


脳のどこかの考え方の中で



自分を納得させてしまっている、



ということが


ありそうなものです。






それもそのはず、



”現実”と”想うこと”が


必ずしも一致しない、



ということを



僕らの人生の中では



何かしらの瞬間に


体験しているからです。
 



そして、





現実と想うことが


一致したとしても、



それを


肯定的な見方だけではなく、


必ずしも


「それが全てではない」


という否定的な


解釈に落とし込むことが

多くなります。



それは


一種のココロの防衛本能。




そう想った方が、


想うことが

現実に

「ならなかった」


とき

傷つくことが少なくなるから



とか、




あきらめを持たせた方が


納得を自分に

もたせることができるから。



とか。




まぁ、そんなところの理由だと想います。






僕もそう想ったこともありますし、



そう
考えていたことがあります。



それもこの現実であり、

事実であるからですね。





だから、



僕らの人生は



そう考えている限り、



全てを


運任せ



の人生に変えてゆきます。






運任せの人生は


全てを運で片付けようとする人生。




うまくいっていることも

うまくいかないことも、



うまくいっている人を見ることも

いっていない人をみることも



あきらめと

自分の人生を保護するための

納得を



”運”の一言で

片付けてしまおうとします。





宝くじを買うことは

いけないことでも

もちろんありませんが、


当たればラッキーという考え方も

あれば、


運にかけて


楽をしてお金を得たい、





考える人もいるでしょう。





しかし、


そういう運はなかなか


付いてきません。





仮に


一時

運が付いてきたとしても


それに伴わない

「行動」がないと、



結局、その運は


不運に変わってしまうことが


多いものです。





なぜなら


運とは


結果として、



行動に伴う、


”エネルギー”の一つだからだと



僕は想っています。





エネルギーには


必ず限りがあります。



使った分の

エネルギーとして


なくなった分は補充しようとする。


その補充は、


行動することでしか


ためてゆけないものでも、



放っておくと、


なくなった分は



ある意味、借金にかわります。




つまり、


使った分は


返してゆかないと


追いついてゆけず、


結果として


マイナスのエネルギーで


周り巡って


返ってきてしまうのもまた、



運なんですよね。







僕が色んな方に
お会いして



色んな物事をうまくいっている、


という一般的な見方で

見られる人は



決して運任せで

人生を生きていることはなく、



運に賭けることも
あれど、


最後は

それに伴う行動を
している人であることが


ほとんどです。











では、


話を元に戻しましょうか。








先ほど、


自分の考え方と


現実は



密接に関わっていて、


そこから


人生が作られている、





という話を一番初めにしましたが、




それはなぜか、というと、



人がビジョンとしてココロから

描けるものには、


「行動」が伴うからなんですね。






行動が伴う、ということは、



体で動くことだけのことを

さすわけではないんです。





一つの物事を見て


感じること、


受け取ること、


そして、


それをどこかで
応用すること。


全てが

その人の考え方から

来ています。



そして、

その考え方とは、


その人の持っている


将来や

自分の人生に対しての


ビジョンや

重要性、


要点、といったものでしょうか。






お金が物凄く大切な人は

お金を得ようとする為の
行動をするでしょうし、


有名になりたくて仕方がない
人は

有名になるための行動をするでしょう。




その思いが強い人ほど、

それが現実になる可能性は

高いですが、



逆に

それが副作用として

返って来ることまでは


考えないことも多いです。





求めたものが人生であれば、


求められたものは

求め返される、のも

人生。




一方的に

お金を得ることだけは出来ないですし、

それだけのものを得ている
人は

それなりの何かを

犠牲にしていることが

とても多いものです。




人によって

何が幸せかを考えることは

それぞれですが、



だからこそ、


人は

自分の想ったとおりの

人生と人間になってゆくことが

よくわかります。



環境がその人を作る、とは

言われますが、

ホントのところは、


その人が環境を
創ってく、

ということのほうが

合っている。



それは、



環境とは、


人生に付随したものであったとしても、


その人が
考えていることが


外に出た結果でもあると
いえるような気がします。




たとえば、


とても貧しい家庭に生まれたとしても、


その人が
自分の考え方やビジョンを
もっていたとしたら

その環境を上手く使うことを
考えるでしょう。


自分を成長させる土台として、

そして、

その先にあるビジョンの為の

通過点として。



きっと、その環境は
いつか

その人にとって

プラスになり、

その環境は違う環境に

変わってゆきます。


そして、

二度とその環境に戻ることはなく、

結果として

その人が描いたとおりの

環境に行き着くことになります。




環境のせいにして

自分のことを

あきらめることもできますし、


そこに言い訳を作ることも

できたりもします。



でも、


どんなに何かをいったとしても、

結果として


それは自分の人生になってしまうものです。




それは、


自分の考え方や見方が


人生にとって

とても密接な関係をしている、


という見方にも


なったりします。






また、



その中で運があり、


何も考えずに始めは


人生がうまくいっていたとしても、



その運も、


自分がうごき、変わらない限り、


いつかは


なくなってゆくことになります。



結局、運が付いてきている、

というときは

チャンスであり、


そして、


それは幸せを手にするチャンス

なのではなく、


自分が自分の行動を

プラスにかえてゆくことや


皆や世の中に

考え方や良いこととして

返してゆくことに


気が付く期間限定のチャンスを


もらっている、ということでもあります。





自分の欲や、


自分だけの幸せを考えていった

行動は


結果として、



自分ひとりよがりになってゆくのは、



エネルギーは


自分で生み出せるものではなくて、


やはり、


一緒に生きている人たちや


存在たちと

共有しているものだからですね。






なので、



考えていることと、


行動は



人生に大きく影響をすること。




むしろ、



考えていること

心の中で抱いていること


そのものが、



人生をそのまま作る、



というシンプルな法則が



そこに存在するだけだったり、




するんですよね。







なんだか


変なことを色々と

述べているように聞こえるかもしれませんが 



ただ、これは事実です。



僕が僕なりに

色々な人たちの人生を見た
中で
教えてもらったこと、


そして、


自分が自分の人生を試してゆくなかで


正しかったこと。

体感したこと。


それそのものが


人生に現れる、という

結果を感じていることです。








僕が20歳のときに


知らなかったこと、


本では読んでいても

よくわかっていなかったこと


わかっていたようで

実は全く分かっていなかったこと




10年経った今と

10年前の僕の違いは



それを

実践して

経験して


それを体感して

頭じゃなく、

体、心、全体で
 
「分かっている」


ということ。



たったちょっとの

小さくても


でも、

大きな違い。





人生ほど素直なものはなくて



それを色々と試すことが出来る


僕らの与えられた時間の中の

人生ほど



おもしろいものはないですね。






どうか

皆さん、自分の人生を


大切に。



人生を大切に、ということは、



命を粗末にしてはいけない、


ということだけじゃなくて、



人生をあきらめないで下さい、

ということ。



ビジョンを描き、



自分を見つめ、


自分が世の中の為、


人の為に何が出来るかを考え、


そして、


自分なりの形で

還元してゆくことを


考えてみる。




人生を流れに身を任せるまま


ただ、

今を生きるのではなく、



生きているようで生きていない

ような


人生を放棄することではなく、





自分がどう「在れたら」


一番、ココロが笑えるんだろう。


この胸の奥でぎゅっと

素直になれるんだろう、


それに伴う行動ってなんだろう




そんなことを

この今だからこそ、真剣に
考えてみてもらえたらと

思います。



人はみんな、

何かしらの目的や

意味をもって


僕は生まれてきたと想っています。



それは、

そうでなければ、


みんなが、ここで

何かを「感じ」「学び」

「伝える」


ということが


人は出来ないはずだからです。



つまり、


そういうことを

一つひとつできる、人間という
存在は


みんな、



何かを「受け取り」「得て」
「伝えてゆく」


ことをしてゆく存在だからこそ。


そして、

それらはきっと


みんながホントに求めている

「生きている意味」や


「人生の幸せ」


に直結していること。





僕らが存在している限り、


この辺りは

永遠の課題なのかも

しれませんが、





僕が僕なりに感じることは



何かしらで



落としてゆければと

思います。







まぁ、今日もまた


マニアックな話になってしまいましたが、笑





是非みなさんの人生にも



何かいかせることがありましたら



うまく考えてみてくださいね。




今日もまた


あなたがココロから今を笑って

生きてゆくことを


心より願っています( ∩_∩)














さてさて〜〜〜






こういう話はもうおいておいて、




さっそく今日の


インフォまいりましょうか^^









今日はですね〜







皆さんのご存知の方ももういらっしゃるように



3月の14日から17日の


イベント





ぷちハタランドへ
ようこそ!!




がいよいよ開幕となりました〜〜(´∇`)





このハタランド、



僕がず〜〜〜〜〜〜〜っと

昔から

一人で勝手に皆さんに言っていることです。笑



が、このような形の通過点を

ようやくつくることができるようになりました。




このハタランド、ってどういうものか。




簡単に言うと、

僕の出来る形で皆さんが

ここにきてたくさんの笑顔や元気を

持って帰ってもらうということ。

楽しさと

温かさがいっしょになったような


そんなハタワールドならではの
形で

皆さんに残してゆけるもの。


それが

このハタランドです。




そして、

今度の3月のイベントとして

考えているぷちハタランドは

僕の今出来ることの集大成を

集めたもの。


ギャラリーとしての部分、

作品展、写真展、個展

としての部分と、



イベント、などの
ショー的なものと。


二つの要素を兼ね合わせていますが、


これは
ハタにゅうすからの

みんなへの

プレゼント企画でもあります。



ハタにゅうすも皆さんと共に
去年の11月で一周年を迎えることが出来ました。


それも


こうやってみなさんに

たくさんの形で色々なご支援をもらい、

そして、

たくさんの想いをここに伝えてくれたから。


だから
このぷちハタランドを通して

皆さんに

色々なことを返してゆけたらな、と



思っています。





このハタランド、


今の僕じゃないと出来ないものでした。


そして、



これからをみている僕でもないと

できないものでした。



全部が絡まって

ようやく今回の形になれた

ぷちハタランド。


たくさんの夢と希望と心を

詰め込んだ

4日間です。


是非皆さん、いらしてくださいね。


そして、


たくさんのものを持ち帰ってください。



皆さんにこれから

いろいろな形をこの中でも

ぷちハタランドに至るまでを

紹介してゆきますので


是非楽しみにしていてネ^^




また、

皆さん、j-smile!のHPも
見てくれましたか?

まだシステムが全部整っていないことも
あるんだけれど、

これから一日一回の日々の言葉や、

各週ごとの映像、
などなど

ここでしか出来ないことを

た〜〜くさんしてゆくので


こちらのほうもまた


お楽しみにどぞ〜(´∇`)


http://j-smile.net





ということで、


これから色々と盛りだくさんだよ〜〜!



是非期待していてください。





ということで、


また来月の月記でお会いしましょう♪








来月の月記では

もうまじかにせまった
ハタランドのことで


一杯一杯になっていることと思われる。。


多分。笑






そんなハタタケルをまた
楽しんでくだされ。




それでは、またね。







かけがえのないみんなに



心からのありがとうと



想いをこめまして。。。^^






























































































































































今日の日を






笑って生きる。














とっても簡単なことなようで













とっても、






難しいこと。










そこにあるのは



シンプルな気持ちなのに








シンプルに生きられない僕ら。






大切なことはなんなのか


一番誰よりも分かっているはずなのに、ね。










僕らが今すべきことって

なんだろう。






僕らが今、できることって

なんだろう。







その問いには


みんながいろいろな形で

答えられる


答えがあるけれど



その答えを知っているのは



いつだって



あなた一人だけ。




答えは外にあるものではなく、



自分の中にあるもの。





自分の声の中に

あるものだから。






















今日を笑顔にかえて


僕らは今日も渡って行く。





楽しいことも 辛いことも





全て含めて 僕達は





生きることから逃げていても



いつかは向き合わないといけないのが




今の自分なら


思い切って



自分を大切にして。











大切なことは


一時大切にすることの中に

あるものじゃなくて





どんなに形を変えても



どんなに姿が変わったとしても





そこにある本質を見つめつづけ



大切に出来る心。










僕らが今


大切にすべきことは




そんな中に



あるんじゃないだろうか。




















あなたの今日が笑顔になれるのなら














みんなの今日もまた





笑顔に変わる。

















あなたの今日を


笑い 泣き、


許して












また新しい明日を


一緒に


創ってゆこう。















あなたの笑顔の中には


いつも

変わらぬ




世界がある。














僕は今日もそんなことを





感じて






この今を







こうやって


綴っているんだ。
(2009.01.31)
今日も僕らの大冒険のはじまりだ。















ごーーーーーーん。


ごーーーーーーーーーーん。。




うーん、どこかで
鐘の音がする。



。。。ような気がする。。笑





108回の除夜の鐘をならすことは

人間にあるといわれている
108つの欲望を浄化して、

新しい年をむかえるための
ものなのだとか。



しかし、そこで考える。
 
”欲”がなければ
人間が向上しようとする欲も
なくなるわけで、
それは成長とは違ってくるわけでもあり、
 
しかし、
強欲を断ち切ることで
自分を高めてゆけることもまた
事実であり、
 
そのためには
”欲”を経験しないと、
 
なぜ欲を断ち切る必要があるのか
というところまでには
いけないのであり、
 
そのためには
 
結局欲を持っている人間でなければ
成長も何もあったものではない、

という考え方になるような


....ならないような


そんな気がするのだが、
 
どうなのだろう。。笑
 


とある宗教の一部では人間は罪深き生物と
呼ばれてるみたいだけれど、

果たして
罪を負わない生物は

生物として
生まれているのだろうか。
 
それ以前に

ではいったい罪とは
どこまでの事を指して

どこまでのことを
罪じゃないと認めることができるのか。
 
その違いを決めるのは
神様ではなくて

もしも人間であったとしたら
その人間は
 
結局
 
人間は人間の範疇で
罪を決めて裁いてしまっていることには
ならないのだろうか。
 

結局、人間であることを
許して
この世界に誕生していることは
 
神様がいるとして
 
その神様が
その人間を創造したことを
許しているからこそ
 
ここに人間がいることが
できるのではないだろうか。



。。。うーーーん、
なんていうか

このとりとめもない感じ。笑
 
結局

僕が思うのは、
 
人間は生きることを
楽しんで

生きればいいし、
 
何かに感謝していきることが
できたら

それは大切なことを教えてくれる。
 
これをしちゃいけない
あれをしちゃいけない。

そういうことを決めるのは、
 
もっとも道徳的な
 
人やこの世界を傷つけたり、あやめたり、

そういうことのなかでの
範囲でのことでもあるようで

僕たちの
生きている範囲の中では

結局全てを
自分たち一人一人の選択に
ゆだねられている

ような
そんなことを考えるのです。




自分の行ったとおりのことが

結局、それにみあうものとして
返ってくるし、


心で考えている
ことは

結局、そのとおりの
人生が作られてゆく。


結局最後のところ、

自分の行いしだいでの帳尻を
どこかで

自分自身が背負っているような

そんなことが


人間なような気もします。


結局のところ、
人間はみんな平等


っていうところに

落ち着くのかも

しれないけれどね。



 
ということで、

何を言いたかったかというと、
 
108つの欲望を取り除こうとすることは
 
無理があり、
 
でも、
その中でも抑えないと

高めてゆけないこともあることも
確かだし、

そう考えると

人間はどんな人も常に

人間であること自体が欲をもっている
”人間”であるかぎり、

常に矛盾を抱えて今を
いきることに

なるのが


人間として常に生きていることになるような

気がする、


そんな最近のハタタケルであります。





。。。。。

なんだかのっけから


随分とよくわからない持論に入ってしまった

今月の月記でしたが、

独り言なんでほっておいてやってください。笑


みんな、いかがお正月は
お過ごしですか?^^



さてさて、


今日は年末ではなくて、

新年を含めた

月記にしてみましたよ♪
 

 
今まで

月末の締めだけで


書いてきたことは

たくさんあったけれど、


新年をあわせた形での

月記を書いたことはなかったので、



今回はそのようなかたちで


書いてみることにしました。




するとまぁ、、


なんだろ、この微妙な感じ。笑


年末を迎えて年をこえて

今日の日付的には

新年を迎えているのに、



去年の一年のことをいろいろと

考えている



そんなアバウトな


時間になりました。



うふふー






やっぱり区切りはしっかりと

もってやるべきだよね。


そうかんがえると、


あながち、

その月のことは

月末にやる、という姿勢は

間違っていなかったのかもしれませんな。



そんなことを想いながら、

今日2008年12月の月記から2009年1月1日の初の月記をつづっています。









さて





そんな月記ですが


今回の趣旨である
 
今日は去年のことと
これからのことを

一緒にこの月記の中で
語っちゃいたいと思います。




去年の11月の月記の終わりには

「次回の月記に至るまで

 あっという間なんだろうな」

っていうような

ことを書いたけれど、


まさにその通りっ(笑)


むしろ、この12月ほど、
今までに

早い月は

この月記をつづってきて

早 約7年半

なかったように思います。



というのも、

今まで僕もいろんなことを

一応乗り越えてきたつもりなんです。
 

それなりに


自分なりに

「壁」というところに
ぶつかって

でもそれをなんとか

こなしてきました。

 
なので、今までどんな壁も乗り越えられない
壁はないって


そう思っていました。
 
 
...........が。


先月の12月は


今までの予想以上をはるかに越える

大きな壁が僕の前にふさがりました。
 
時間的なものも、
精神的なものも、
肉体的なものも、

相当ぎりぎりまで

追い込んで、

それでようやく乗り越えられるかられないか、

。。。。というかんじ?笑


それを感じたとき、


ちょっと弱気になることもそうですが、


人間、ちゃんと寝ないとダメだなと

いうことがわかったことと、


人間2、3日ねなくても
大丈夫だということの

両面を発見したとき


ちょっと人間としてのすごさを

味わったようでした。(どんな状況?)



でも、、、


それでも、終わってみれば



じっさいのところ、

それでも
なんとかなっていて、

というよりも、

なんとかする、方法を見つけていて、


でも


そこには



従来の方法ではできなかったことと、

客観的に見ていると、


今まで気付けなかった

ヒントが隠されていて

それを見つけないことには

与えられた問題をクリアーできないようにも

なっている。





そういう自分という

媒体を通して


人間が成長してゆくプロセスというものを
みれることが


とても面白い感覚にもなるんです。



.....この感覚ってわかる?


たとえていうと、

そうだなぁ。

ゲームみたいなものでね、


どんどんゲームが進んでゆくと、

いままでの

自分では解けなかったようなものが

色々と出てきて、

そこには自分がちゃんとレベルアップしていないと

乗り越えてゆくことも出来なくて




そういったなかで

少しずつ成長してクリアーしてゆく。


そうすると

次の物語がやってくる。


これを自分が自分の人生の物語を
演じてして

それをストーリーに沿った形で
解決してゆく。


そんな感じ

いわゆる



ロール(役割)プレイング(演じる)ゲーム


をしている人のゲームを



その真横で見ている感じ、、、




というのが一番わかりやすいのかな。





でも、それって
何もゲームの世界だけじゃなくて


自分の中での世界、


そして、

周りの皆の中での世界も


あること。




それぞれが


それぞれの役割という

この世界で演じることを与えられた
物語の中で


生きてゆく中で壁や

課題を与えられて

そして


成長してゆく。



そうやってゆくことに

その人が生まれてきた意味もあったりする

ように思います。






そう、誰もがみんな、



そんな自分の与えられた情況の中で


頑張って生きていて、


だからこそ


頑張って生きていない人もいない。




自分を成長させようとして

生きることに真剣に向かおうとすれば
するほど、




人を許すことが


できなくもなるし、


人を許すことも


できるようにもなるけれど、




最後は

自分次第なのだとしたら、




真剣にいきることへの
責任を
 
相手に押し付けるものではなく、


自分の中で行って行くもの。




周りがどうであれ、



あなたがどんなストーリーを描いていて、


そして、


どんな役割を望んでいるのか、



それによって

随分と見えるものが違ってくる。







だからこそ、



物事をやることに関して


真剣に楽しめる自分をみつけることと


真剣に楽しめるものをみつけること




これを見つけようとすることが


とても大切なんだと思います。





そうできたら、



きっと僕たちは


自分の状況や環境を

誰かのせいにするのではなく、



自分で受け止めて


そして、


自分で成長してゆく方法を


考えてゆける。




きっとそれは


自分が幸せになる方法を

みつけてゆくこと


でもあるから。






そして、



だからこそ、





こんな今だからこそ、






「自分」というものを


もう一度みつめてゆく、



みつめてみる、




ということが


とても、




大切なんですよね。













そんなこんなで

みんなと同じように僕もまた、
無事、

年末を迎えられ


そして、


新しい年に今はいって


新しいスタート地点に

経っているわけです。




そんなかんじの

今年の12月でした。



そして、

年をあけ、今日1月1日にいたりますが


そこにはそこの

また新しい壁が存在してゆくんだけれどね。笑





ただ、そこで

こうやって新年を自分なりの
合格点の中で
 
迎えられた越えられたことは

とても大きいものです。






この2009年は、

僕にとって2008年度以上に

色々と成長と発展をしてゆこうと思っています。



それは

成長と変化。


成長は、自分が変わって変化して行くことを受け入れて


続けてきたことの原点を見つめなして


進んでゆくということ。



まずはどんなときも


自分の一歩いっぽ。


僕のこの目の前の一歩一歩から。



全ての成長と流れは
そこにしかないし、

そこからまた人生はちゃんと
前に進んでゆけるんですよね。







みんなのお正月はどうですか?



今まで2008年にやりきれなかったことや


2009年の今だからこそ

やってしまいたいことって

ありませんか?



そんなことをみつけてみたら、

是非おもったとき、この今に

やってしまうことが一番ベストだと思います。


そして、


始まりがよければ、それは


この年を過ごす大きな自信にもなってゆけます。


僕もまずは
僕自身がそれを実行できるように

僕はまず、がんばって行きたいと
思います^^


今ここで


あなたなりにあなたなりのペースで頑張っている



そんな”あなた”のためにも、ね。^^




あなたがそんな2009年を迎えてくれるように


僕もまた願ってこの月記を
書いていますよ^^














ということで、

今月はココまでっ!



来月からの新しい発表は

随時、ブログなどで発表してゆくので


お楽しみにネ♪(´▽`)




そんなみんなに
あえることを心から楽しみにしていますよ。






かけがえのないみんなに


たーくさんのこころをこめて。。。






みんな、いつも本当に

ありがとう!



そして!!!



あけましておめでとう〜!!!!!





またこれからもみんなの笑顔に触れられることを

たのしみにして。。。。^^















































































































北の空に


北極星が一つ 光っているのが見えた。




子供の頃、



何かを探すことに夢中だった僕は



星を見つけることにも



しばらくの間


夢中になっていた。






子供はいつも


どんなことにも新鮮で


目に写るもの、楽しむこと、

世界がいつも朝起きてから夜寝るまで

大冒険の中を


生きていた。





僕らはねぇ、


そんな子供の頃のことを


ちょっと大人になった今


見習ってもいいのかもしれないね。







あなたの人生が楽しいといいなと


心から思う。


あなたの人生が楽しめているといいなと

切に、想う。



その自分の心の受け止め方は

きっと

どんなことをも自分の見方に変え、



そして、


あなたの大切な周りの人たちをもきっと


幸せにするだろうから。






だからこそ、



あなたの今日まいにちが


楽しくて大きな

あなただけの大冒険をしていることを


忘れちゃいけないよね。














そんなあなたのこれからに


心からのキモチをこめて。。。









あたらしいあなたの始まりに乾杯っ!










そして、






あなたの新しい船出に乾杯。






僕とあなたとの


大冒険。







いつだって僕らの物語は




過去でも

昨日でも

未来でもなく、




今ココから始まっているのだから。





そんなあなたに出会えることを


僕はまた今日も



待っているから^^
(2009.01.01)
もどる
バックナンバーリスト
HOME
build by HL-imgdiary Ver.1.25